タナカ・SAA・ケースハードゥン・シビリアンのレビュー(リボルバー・ペガサスガスガン)

 タナカのペガサス・ガスガン、

 「SAA・ケースハードゥン」 

 (シビリアン)

を紹介します。

Contents

タナカ・ペガサス・SAAレビュー(良いところ・悪いところ)

 タナカ・ペガサス・SAAは、他のメーカーとは全く違った、タナカ独自の構造を持ったガスガンです。

 タナカのガスガンは、ガスタンクが、シリンダー内に収まっています。

 他のメーカーだと、ガスタンクは「グリップ内」にあるのが普通ですが、タナカは、「シリンダー内」にガスタンクがあります。

【良いところ】

 グリップ内にガスタンクが無いため、グリップが太くなくなり、細身のグリップのモデルを再現したり、実銃のグリップを付けたりすることが出来ます。

 また、シリンダー内にガスタンクがあるため、ガスのロスが少なく、高い初速が出ます。 

 更に、トリガーの構造等が、実銃と同じように再現出来るようになったため、「コルト」「スタームルガー」「S&W」等、会社による構造の違いを再現することができ、会社ごとに違うリアルなトリガーフィーリングを楽しめます。

【悪いところ】

 シリンダー内にガスタンクが入ったことにより、「薬莢」が使えなくなったため、薬莢を使って「弾を一発一発込める」というリアルな動作が、出来ません。

ケースハードゥンとは

 簡単に説明します。

 ケースハードゥンとは、「焼き入れ処理」の事です。

 昔は、パーツが鉄で出来ており、強度を上げるために、「焼き入れ処理」をしていました。

 その際にできる独特の「模様」が出来ます。

 現在は、その模様に、芸術的な価値があるとされています。

 タナカのSAAのケースハードゥンは、材質上、実際に焼き入れ加工をすることが出来ませんので、「塗装」で再現しています。

自作の箱(ガンケース)作り方

 箱は、自分で作りました。

 銃が入るサイズの木箱を購入し、タナカのSAAが入っていた発泡スチロールの箱を木箱に入るサイズにカットして入れました。

 発泡スチロールの上から、好きな色(私は青色にしました)の布を緩めに被せて、外れないように裏面をボンドで固定しました。

※接着剤だと、発泡スチロールが溶けます。

 外側は本物の木箱で雰囲気があり、中は、発泡スチロールのケースがあるので、中で銃がズレたりしません。

 やってみて下さい。↓

本体の外装等

 まずは、全体の外観です。

 左面から見ていきます。↓

 全体の右面です。↓

 ケースハードゥンのフレーム左側です。

 塗装とは思えないほど美しいですね。

 わかりづらいと思いますが、ツヤも強いです。↓

 ケースハードゥンのフレーム右側です。↓

 フレームを上から見たところです。↓

 アウターバレルと、エジェクターは、スチールフィニッシュです。↓

 ツヤがあって、きれいですね。

 エジェクターは、マガジンの役割をしていて、ここに弾が入ります。↓

 グリップ左側です。↓

 実は、このグリップは、「実物用」に変えてあります。

 元々のグリップより色が濃い、焦げ茶色で、少し厚みがあります。

 タナカのペガサスは、ガスタンクがシリンダー内にあるため、このように、実物用のグリップも装着出来ます。↓

 グリップ右側です。↓

 コルトのメダルです。

 元々の物よりも刻印がかなりハッキリしています。↓

 ハンマーです。↓

 このハンマーも、「スチールフィニッシュ」のハンマーと変えてあります。

 元々、ケースハードゥンのハンマーだったのですが、黒色の方が好みだったので、変えました。↓

 タナカのSAAのガスガンは、「ゲート」を開けて、ガスを注入します。↓

レビューまとめ

 タナカ・SAA・ケースハードゥンは、ガスガンとして、しっかりと使えます。

 しかし、見た目の出来が良過ぎて、普通に使う気にはなれません。

 お座敷で撃つにしても、シリンダーには「作動痕」が残りますし、絶対に傷が付きます。

 観賞用として、時折箱から出して眺めるようになるのかなあ、と思います。

 本当に、良い出来です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です