タナカ・コルトパイソン・ニッケルのレビュー(リボルバー・ペガサスガスガン)

 今回は、

「タナカ・ペガサス・ガスガン・コルトパイソン」

「ニッケルモデル」(6インチ)

を紹介します。

〇弾・6mmBB

〇装弾数・14発

〇材質・合成樹脂・亜鉛合金

〇作動・シングルアクション/ダブルアクション

 中古で入手したのですが、状態がかなり良かったです。

Contents

コルトパイソンの外観レビュー

箱を開けたところです。↓

 銃本体の外観です。

 ニッケルタイプなので、かなりギラギラしています。

 ギラギラ光ったパイソン、カッコいいですね。↓

 マズルフェイス(銃口)です。

 フロントサイトも、しっかりと別パーツになっています。↓

 シリンダーオープンしたところです。↓

コルトパイソンの使用方法

 タナカ・ペガサスガスガンは、ガスタンクが、シリンダー内にあります。↓

 ガス注入口が、シリンダー後ろにあります。↓

 市販のガス缶では、そのまま入れることができません。

「チャージ・アダプター」(付属のガス注入用のノズル)を使わなければなりません。

 ※メーカー純正のガス缶は、そのまま使えるそうです。

 これがガス注入ノズルで、付属品として入っています。↓

 ガス缶にはめ込みます。↓

 そして、ガスを注入します。↓

 ちょっとだけ、入れづらいです。

 ガスを入れると、注入口から結構吹き出しますが、ちゃんと入っているはずです。

 どうやら、入れ過ぎも良くないそうなので、ほんの数秒だけ・・・

 弾は、「シリンダー前方」から入れます。

 入れる用の道具も付属でありますが、私は、指で一つずつ入れています。↓

 これで、撃てます。

ペガサスガスガンの特徴

 タナカ独自の構造で、シリンダー内に、ガスタンクを設けています。

《良いところ》

①ガスタンクと、弾が、かなり近くにあるため、ガスルートによるパワーロスがほとんど無くなっており、他のメーカーと比べると、かなりパワフルです。

 ガスブローバック等のオートよりも威力があります。

 ※法改正以降は、ハイパワーにならないように、メーカーで調整しています。 

②ガスタンクがシリンダー内にあることによって、本体の構造が実物にかなり近い仕組みなっています。

「コルト」や「スタームルガー」、「スミス&ウエッソン」等、会社によって、トリガーの感触がかなり違う事が、体験できます。

③グリップ内にガスタンクが無いため、実銃用グリップが付けられるのです。

《悪いところ》

 シリンダーがガスタンクになっているため、薬莢を使ったりができません。

 薬莢を使用したリアルな動作ができないところです。

コルトパイソンのレビューまとめ

 タナカのコルトパイソン、ニッケルのシルバータイプは、

  「限定品」

です。

 私は、新品を購入することが出来なかったので、中古で状態が良いものを手に入れることができました。

 タナカのペガサス式ガスガンは、今までのグリップにガスタンクを入れたリボルバーとは全く違います。

 薬莢が無く、リアルな動作を捨てる代わりに、高い性能や、本体の構造のリアルさを手に入れました。

 元々モデルガンメーカーであることこら、外観についてもかなりこだわっており、かなり完成度の高い製品だと感じました。

 中古品でも、かなり価値のある商品だと思いますし、新品を見つけることが出来たなら、手に入れても良いのかなあ、と思います。

東京マルイ コルトパイソン .357マグナム 6インチ ステンレスモデル 10歳以上エアーHOPリボルバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です