FIREFLY・うましか辛口の付け方(東京マルイ・GLOCK18C(グロック18C)飛距離アップカスタム)

 東京マルイのガスブローバックガスガン、

  「GLOCK18C」(グロック18C)

を、飛距離アップカスタムします。

 連射は申し分ないので、より遠くに弾を飛ばして、サバゲーでは、遠くから弾をばら撒いてしまおうと思います。

Contents

カスタム内容「うましか(辛口)」の種類と選び方

 カスタム内容は、FIREFLYから出ている、

  「うましか(辛口)」

を組み込みます。

 うましかは、二点長掛けホップのパッキンです。

 長掛けホップとは、弾がホップパッキンと接して摩擦をかける時間が長いため、非常に安定して、よく回転が掛かります。

 これを、上の左右二箇所で行うため、左右に偏ることなく、安定した回転が掛かります。

 うましかには、バリエーションがあり、

  ・甘口(0.2g以下)

  ・中辛(0.2gから0.25g)

  ・辛口(0.25g以上)

  ・超辛口(0.28g以上の重さの弾)

と、弾の重さによって、使うパッキンを選びます。

 横風に流されたりしにくいように、重い弾を使う仕様にしたいと考えているので、今回は、0.25g以上の重さに合う、「辛口」を使います。

 うましか辛口は、赤色です。

 このパッキンを、ノーマルのパッキンと入れ替えます。↓

 

うましか辛口の付け方(グロック18Cの分解方法)

 まずは、スライドを外します。

 説明書にも記載してあるので、省略します。↓

 バレルアッセンブルを外します。↓

 バレルアッセンブルは、ABSでできているので、簡単に外せます。

 割らないように注意しましょう。↓

 「Sタイト皿」というパーツ(ネジのこと)を外します。

 ネジは、2箇所あります。↓

 2箇所外したところです。

 小さいので、無くさないようにしましょう。↓

 「チャンバーカバー」を外します。

 モナカのように、縦にパカッと外れます。↓

 「HOPレバー」等を外します。↓

 「G ホップチャンバー」が出てくるので、これを、「うましか」と交換します。↓

 上の黒色のパッキンが、純正の「Gホップチャンバー」で、下の赤色のパッキンが「うましか辛口」です。↓

 うましか辛口のパッキンに付け替えたところです。↓

 あとは、元通りに組み込み直すだけです。↓

 「HOPレバー」も組み込むのを忘れないようにしましょう。

 私は、以前、このパーツを紛失したので、仕方なく、無しで組み込みましたが、ホップが全く掛かりませんでした。

 ホップを調整するためのパーツですが、これが無いと、回転が掛かりません。↓

 「HOPレバー」を、「HOPダイヤル」に引っ掛けた状態で組み込みます。↓

 組み込んだところです。↓

 「チャンバーカバー」を被せて、ネジ留めします。 

 その後は、逆の手順で組み込み直せば、作業完了です。↓

飛距離アップカスタム・グロック18C実射の感想(ハンドガン最強クラスでは?)

 サバゲーで使った感想ですが、弾道が安定して、飛距離もかなりあると思いました。

 某屋外のフィールドで、シューティングレンジも50m以上ある場所だったので、概ねの距離も測定できました。

 射撃は、ホップレバーによる調整もしましたが、弾が50mのラインを通り越していたので、50m〜60mは飛んでいたと思います。

 フルオートで連射すると、マガジンも冷えるので、全ての弾が50m超えることはなく、後半の方は飛距離は落ちていました。

 しかし、3〜5発などと小分けにして撃てば、遠くまで届いていました。

 シューティングレンジだけでなく、実際のゲームでも、相手の電動ガンに撃ち負けることなく、正面から十分に戦えましたし、個人的には、性能は上がったと思いました。

【90日安心保証付】【3点セット】東京マルイ ガスブローバック グロック18C GLOCK G18C+マガジン+ハイバレットガス 18歳以上用

FIREFLY うましか辛口 東京マルイ 各種ガスガン 例外在り VSR-10シリーズ 共用チャンバーパッキン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。