爆音銃を減音(消音)カスタムする(MK1・S.O.Gサイレンサーカスタム)

Contents

はじめに(サプレッサーの効果を楽しむ)

 私は、サプレッサーが大好きです。

 「サプレッサーを付ける」ことによって、銃声が低く、小さくなるのって、たまらないです。

 分かってくれる人、いますかね(笑)。

 また、付けると、見た目もすごくかっこよくなりますし。

 今回は、あえて、

   「爆音」

にしたガスガンをサプレッサーにより、

   「消音」(減音)

することで、サプレッサーの効果を感じて、楽しみたいと思います。

 サプレッサーを付けることで、音が変わるのを実感して、サプレッサーの効果を楽しんで、自己満足したいと思います。

S.O.Gサイレンサーの性能

 某オークションサイトで、非常に状態が良い、

   「MK1専用 S.O.Gサイレンサー」

を手に入れることができました。

 S.O.Gサイレンサーについてのレビューは、私自身が他の記事で書いたり、他の人がブログで書いたりしているので、詳しいことは省略します。

 簡単ですが、

   ・筒の厚みがある

   ・内径が狭いバッフルが入っている

   ・フェルトで減音している

ので、減音性能が非常に高いサプレッサーです。

 ただ、このサプレッサーを作っている、

  「スモーキーズガンファクトリー」

という会社は、現在活動していないため、新品を購入することはできません。

 今回、MK1専用のS.O.Gサイレンサーを手に入れることができたので、

   「爆音仕様MK1」

にサプレッサーを付けて、減音効果を楽しむことにします。

MK1を爆音カスタムする方法

 MK1を、あえて爆音にします。

①まず、インナーバレルを短くカットします。

 後でマガジンを調整して、ガス放出量を増やすのですが、最初にインナーバレルをカットしておかないと、初速が法定速度を超えます。

 インナーバレルは、

   「MK1・アサシンズ」

くらいの長さにカットすれば、問題ありません。

 また、短いインナーバレルのおかげで、バレルから弾が発射される際、あり余ったガスが銃口から一気に出て、大きな破裂音が出ます

 アサシンズ用のインナーバレルを使うか、KM企画から出ている「アサシンズ用TNバレル」をそのまま使っても良いですね。

②次に、ガスの放出量を上げます。

 旧タイプのマガジンを使うか、マガジンのガス放出口の穴を広げます。

 これで、多量のガスを放出させて、破裂音を出します。

 当然の話ですが、ガスを大量に放出させるので、燃費は悪くなります。

 それでも、固定ガスガンなので、ガスブローバックガスガンよりは、燃費は悪くないとは思います、多分。

ついでに弾道調整とトリガープル軽減するやり方

 今回は、「爆音カスタムをして、サプレッサーにより減音させる」記事なので、話がズレてしまいますが、せっかくのカスタムの機会なので、

   「弾道調整」

と 

   「トリガープル軽減」

カスタムもします。

①弾道調整については、ホップパッキンを面タイプに変更します。

 マルシンのホップパッキンであれば、そのままのパッキンを使用します。

 KJのものは、マルシンのものと交換するか、ホップパッキンの突起を平らに削ります。

 ホップパッキンの裏面に、

   「マスキングテープ」(がお勧め)

を貼り、厚さを増します。

 私は、5〜8枚くらい重ねて貼っています。

 これにより、ホップパッキン全体の厚さが増すので、「面」で摩擦をかけられます。

②トリガープル改善については、他のメーカーから、

   「ソフトスプリング」

や、

   「ライトトリガースプリング」

等の名称で販売されているので、購入して組み込めば完了です。

 詳しい組み込み方などは、他の記事に記載してあるので、必要であれば、確認しながら組み込んでみて下さい。

爆音MK1を減音する方法

 各種調整、カスタムによって「爆音」になったMK1に、サプレッサーを付けることで、減音します。

 今回爆音にした銃は、銃口のガスの破裂音が主な音になるので、サプレッサーは有効です。

 性能が良い、S.O.Gサイレンサーを付けることで、発射音の軽減をします。

 サプレッサー無しでの発射音は、

   「バチンッ!!」

と、大きな音がしました。

 サバゲーでは、嫌がられるか、フィールドによっては、使用を断られる?くらいだと思います。

 実際にサプレッサー付けてみたところ、

   「ボフンッ」

と、低い音になりました。

 音は小さいかと言われれば、そこまで小さくはありません。

 それは、

 ・元々のガスの放出量が多いので、サプレッサーの容量が負けていること 

 ・元々の音が非常に大きい事

により、サプレッサーを付けても、普通に聞こえる音になっています。

 しかし、「サプレッサー装着前より」も、格段に音は小さくなっていますし、低くなっています。

 今回は、「無音に近づける」のではなく、「爆音銃を、サプレッサーによって減音する」ことにより、サプレッサーの効果を体感して、自己満足することが目的だったので、個人的には大満足です。

 サプレッサーにより、これだけ音が小さくなったと。

 今回の私がやったカスタムのように、無駄に爆音にすることさえしなければ、サプレッサーで、かなりの減音カスタムをすることもできます。

ついでに、飛距離アップと弾道の安定性について

 弾道調整の際、ホップパッキンを面タイプに調整しました。

 ガスの放出量を増やし、インナーバレルを短くしたことにより、

  「重量弾」

を使用した際に、遠くまで届くようにもなります。

 ガスの放出量を増やすことで、トップスピードでホップパッキンを通過し、面ホップにより、強い回転が掛かるためです。

 短くカットしたインナーバレルにより、初速は、問題ありません。

 これにより、重い弾を使って、遠くまで弾を飛ばすことができます。

 (今回のサプレッサーの話とはあまり関係ありませんが、せっかくカスタムしたので)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です