タナカ・ルガーP06・レビュー

 タナカ・ルガーP06を中古で購入することができました。

 実物のルガーP06の詳細はわかりませんが、ルガーP08と違うのは、グリップセーフティが着いていることと、刻印に違いがあることくらいだと思います。

 購入したトイガンのルガーP06について、レビューしたいと思います。

ルガーP06の外観チェック

 とても状態がいい物を購入することができました。

 エアガンの左側から観てみます。

 パット見はルガーP08とそんなに変わりませんが、グリップに握り込むことで解除できるセーフティが付いています。

 まるで、コルトガバメントみたいですね↓

 本体の右側からです。↓

 グリップセーフティを少し大きめに撮影してみました。

 これを握り込むことで、トリガーを引いて発射することができます。

 とても繊細で、機械みたいで!美しいですね。↓

 反対側からから観てみたところです。↓

 ルガーP08とは、刻印も違います。

 鷲の刻印がされています。↓

 リアサイトです。

 左側から観たところです。

 こちら、可動するので、調整ができます。↓

 右側からです。

 右側に見えるボタンを押しながら、サイトを前後に調整します。

 (単位はわかりませんが)距離が100メートル(?)、200メートル(?)を狙う場合と変えられるようです。

 エアガンでは100メートルも飛びませんが、当たりやすいように調整するのには役に立つと思います。↓

 サイトを上から観たところです。

 100と書いてあります。

 なんの調整もしていない状態です。↓

 サイトを後ろにスライドさせたところです。

 200と書いてあり、より遠くを狙うときに使えます。↓

 トグル部分の刻印です。↓

 フロントサイトを左側から観たところです。

 サイトは、別パーツではありません。

 アウターバレルと一体になった金型で造られています。

 しかし、よくできています。↓

 フロントサイトを右側から観てみました。↓

 フロントサイト後ろ側です。

 反射防止のための横線の溝が、入っており、狙いやすくなっています。↓

 正面から観たところです。

 マズルフェイスも、こんなふうになっています。

 パーティングラインがあるのが、少しだけ残念です。↓

 本体の後ろから観たところです。↓

実射性能

 ホップパッキンとホップ調節機能に癖があり、遠くを狙う場合には弾が散ったり、下にドロップしたりするので、屋外等の広い場所で遠くを狙うことは非常に難しいでしょう。

 しかし、5m程度の的を狙う場合など、比較的短い距離の的を狙う場合には、非常に精度がいいと思いました。

 今回、ルガーP06は、限定品のようですので、サバゲーでガンガン使う予定はありませんが、屋内フィールドやCQB等の狭い場所では、狙いやすいはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です